学生に履修動機を聞いてみたら、改めて気が引き締まったお話

2020秋学期がオンライン授業でスタートしました!

9月21日敬老の日の祝日、晴わたる秋空のもと、父子は京都にお出かけして行きましたが、私は自宅に篭りお仕事でした。なんで、こんな良い天気に籠もってお仕事・・・とも思いましたが、オンライン授業が始まる時刻が近づくにつれて、ドキドキ!緊張。パソコンの画面越しではありますが、初めて会う学生たち、どんな反応してくれるかな?この緊張感に包まれるのは、教室で授業をするときと全く同じ。夏休み挟んで少々のんびりしすぎた私ですが、久々に気持ちが引き締まりました。

2年目の担当となる「ホスピタリティ入門」

昨年度はある学部の必修科目でありましたが、本年度からはキャリア形成科目の全学部選択科目となり、15回の講義を通してホスピタリティーの精神を養い、そして、社会人として仕事をしていく上で、円滑で良好な人間関係につながる対人力を養うために必要な知識や対策を身につける目的で開講しました。

学生のみんなの目に留まらないと履修してもらえないわけで、シラバスを見直しマイナーチェンジして開講準備を進めていました。蓋を開ければ80名近い1回生の学生が履修してくれていたので、ホッとしました。

授業初日、オリエンテーションと科目名にも使用されている”ホスピタリティ”という言葉いついての説明を行いました。授業は、つなぐひろげるおもてなし協会のおもてなし教科書を使用しながら進めます。

(amazonのおもてなし教科書の販売ページの画像をお借りしました。この本は日常生活やお仕事で”ホスピタリティ=おもてなし”を実践していくのに学びやすい1冊でおすすめです。対人関係構築力と人間力を磨くためにお役立てください。)

学生の履修動機について

学生に今回この講義を履修した動機について聞いてみました。その一部ですが、ご紹介します。

学生1
社会に出て役に立つマナーや言葉遣い、ささやかな気配りなどをこの授業で学び、実践して自分のものにできるようになりたかったから。

学生2
ホスピタリティを学べば、就職時、誰かと接する時にも役に立ち、第一印象をよく思われ、人として信用されるようになるだろうと思った。
学生3
シラバスを見て絶対に受けたいと思った!アルバイト先でも社会に出てからも役に立ちそうだと感じた。
学生4
授業を通して自分の振る舞いやおもてなしの気持ちを改めたいから。
学生5
私は将来、航空/ホテル/観光業界で働きたいと思っていて、先生がエアライン出身だったから興味を持った。授業を通して、将来に役立つ知識や教養を身につけたいと思った。

この他にもたくさんの動機を聞かせてもらいました。学生のみんながこの講義へ求めることややる気、こんな自分になりたいと掲げている未来像をストレートに感じることができて、改めて登壇する私も気が引き締まりました。学生が講義15回終了後に、自分でも成長を感じれ自信を持って今後過ごしていけるようなきっかけ授業でもありたいなと思っています。1回1回私が伝えられることを丁寧に伝え、私が今までの経験で学んだ”おもてなし”の精神を伝授していきます。

これから学生のみんなは社会にもまれ、人間関係に戸惑うこともあることでしょう。人間関係の基本は、[相手を尊重し、思いやる心=おもてなしの精神=ホスピタリティー]です。この授業を通して習得した知識が、思いやりにあふれた優しい心とそれを表す美しい振る舞いを身につけることにつながり、高い知性や品性の修養に繋がることを期待しています。

私も学生からの期待値が高い科目だとわかったので、精一杯力を注ぎ秋学期を駆け抜けたいと思います^^

この記事を書いた人

鵜飼千登静
鵜飼千登静
夢叶いJALの客室乗務員として国内線・国際線に乗務、結婚、妊娠。しかし、育児休職中にまさかのJAL破綻。思いもよらぬ形で早期退職というつらい選択を余儀なくされる。キャリアが途切れる不安から、娘1歳半より講師としてセカンドキャリアを築くが、小さい我が子を抱えての社会復帰に心身ともに限界に近づき、ひとり働き方改革!
現在はフリーランスの講師×キャリアコンサルタントとして、行政セミナー、企業研修、教育機関(高校・専門学校・大学)講義、就職・キャリアアップ支援など人材育成をメインとする。一人ひとりの個性や現在の状況と課題に着眼し、その方が描く未来に近づけるようファシリテーターとしての役割で人を導く。

関連記事

プロフィール

元大手航空会社の客室乗務員、現在はフリーランス講師。国家資格キャリアコンサルタント。

高等教育機関では主にキャリアデザイン・就職対策・エアラインビジネス・ホスピタリティ/ビジネスマナーに関する授業を担当。
企業・医療機関では新入社員研修・人材育成研修・マナー接遇研修に登壇中。

最近の記事

  1. 株式会社ママそらの関西支部のメンバーの一人として、鵜飼も以下のセミナーに関わっているのでご紹介します...
  2. 【ライブ配信】わたしと向き合う90分 「キャリアのファシリテーター直伝!初めの一歩の見つけ方」2...
  3. 謹んで新年のお慶びを申し上げます。
  4. この度お声がけいただき、『Mama Yell(ママエール)』HPにて鵜飼のコラム3本を掲載してくださ...
  5. この度お声がけいただき、『Mama Yell(ママエール)』HPにて鵜飼のコラム3本を掲載してくださ...

Facebook