《気配り・心配りできていますか?》

キャリアパスデザイン・大阪エアラインスクール 講師の岡崎衣美です。

 

CAにとって、機内でお客様に快適にお過ごしいただけるよう、きめ細やかにサポートすることは大切な業務の一つです。

マニュアル通りの対応でなく、プラスアルファの言葉がけや対応ができると、お客様にもきっとご満足いただけますね。

そのためには、お客様のご様子をよく観察して、タイミングよく、適切なお声掛けができるよう心がけたいものです。

 

CA・GSを志す皆さんも、アルバイト先のお客様や、一緒にいるお友達やご家族に対しても、自分に何かできることはないかと、常々からアンテナを立てて欲しいと思います。

 

 

今日お話しするのは、ホノルルから関空へ向かう機内でのこと。

日本へ帰国する便は、現地ホノルルを午後に出発し、夕方に関空へ到着というスケジュールでしたので、子どもたちも元気いっぱいで、搭乗してからもとてもはしゃいでいました。

現在、機内では、電波を発しない状態の電子機器であれば離着陸の間も使うことができるのですが、私はうっかり子どもに電源を切るよう促してしまい、(以前は離着陸時は電源をオフにしないといけなかったのです)せっかく機嫌よく遊んでいた息子を、案の定大泣きさせてしまったのでした(-.-;)

そこで、すかさずCAさんが、

「いかがされましたか?iPadは機内モードでしたらお使いいただいて大丈夫ですよ。」

と離陸前の忙しい時間帯にも関わらず、笑顔で息子と私に声をかけてくださいました。

 

おかげさまで息子の機嫌もすぐ直り、その後は快適に過ごすことができました。

「気づいてくれてありがとう!!!」と、私はそのCAの方にとても感謝したのでした。

 

今回の私のように、小さい子ども連れの乗客は、周りへの迷惑になってはいけないと、不安を抱えていますので、適切なタイミングで積極的に声かけをすると、お役にたてることが多いです。

こういったことはマニュアルには書かれていませんし、絶対にしなければならないことではありません。

 

しかし、そのささやかな気配りや心配りが、CA・GSにとってはとても大切なのです。

 

また、これは一朝一夕に身につくものではありませんから、日頃からその視点で物事を捉え、少しずつでも良いので、是非実践してみてくださいね!

周りの方にもきっと喜んでいただけると思いますよ。

この記事を書いた人

鵜飼千登静
鵜飼千登静
キャリアパスデザイン主宰。元大手航空会社の客室乗務員、現在は一児の小学生を育てながら、フリーランスの講師をしています。
高校生・専門学校生・大学生・就職希望のママが内定に直結する就職支援講座を受け持ち、特にエアライン業界・ホテル業界への就職アドバイスならお任せください!!

関連記事

プロフィール

鵜飼千登静

元大手航空会社の客室乗務員、現在は、フリーランスの講師として内定に直結する就職支援、ビジネスマナー・接遇、企業の入社時研修を務める。

また、大阪市女性活躍促進 キャリア形成支援事業に携わるとともに、大阪市主催「女性向けキャリアサポート事業」の面接対策講師の実績あり。

やりがいを持って仕事ができるように、そして、より良い人生にするために、あなたの夢・キャリア形成を応援します!!

キャリアパスについて

  1. 春先から結婚式も多く、今はジューンブライドの季節ですね。
  2. さあ、6月・水無月が始まりました!「水無月」は水の無い月と書きますが、「無」は「の」に当たる連体...
  3. 先日投稿しました、グランピングキャンプ場での結婚式への装いはどうする?というおすすめ記事はご覧いただ...
  4. 同級生の結婚式、ここ最近少なくなってしまいましたが、この2ヶ月続けて久々に結婚式にご招待を受けました...
  5. この春新しい環境に変わられる方、新社会人のみなさん、そして、今の現状に悩んでいらっしゃる方、そん...

Facebook