《面接突破の10か条》より『7、具体的な表現で伝える!』

キャリアパスデザイン・大阪エアラインスクール 講師の鵜飼千登静です。

 

2018年1月よりエアライン・就活応援コラムを始めて、早くも3月も終盤!

就活も本番になってきました。

手帳も就活予定でビッシリでしょうか?

 

さて、お届けしている《面接突破の10か条》今回は7項目めです。

 

7:具体的な表現で伝える!
「たくさん」「いっぱい」「けっこう」などは人によっても捉え方は違います。エピソードも具体的な言葉で表現するようにしましょう。

 

エントリーシートでも同じことが言えますが、エピソード・経験談に具体性がない方が多いです。

例えば、「目標に向かって、たくさん練習時間をとり、努力をし続けました!!」

 

どんな目標立てたの?

たくさんってどれくらい?どれくらい練習したの?

どんな努力をしたの?

 

いろいろ突っ込みたいこと満載!!

頑張りましたアピールがなんだか響かないのです。

 

具体性がないとせっかくのあなたの行動力も努力も残念ながら伝わりません。

 

自分がエントリーシートや履歴書に書いた文章、面接で話そうとしている下書き文章が具体的なのか、

相手に状況をイメージしてもらえるか、客観的な目線で読み直してみてください。

 

友達や家族に読んでもらうのもGOODです。違った目線でアドバイスをもらうことは本当に大切です。

 

 

例えば、よく聞かれる「学生時代に力を注いだこと」を具体的に表現しようとすると。。。

文頭で何に力を入れたのか結論をまず述べる!その次に実現したかった目標・成果をまとめていくのですがポイントは以下です。

 

目標:いつまでに達成しようとこんな目標を立てた!なぜこの目標を立てるに至ったかの内容もあればなお良いですね。

過程:目標達成に向けて、自分の取り組みと過程。スムーズに目標に向かえたのか?壁にぶち当たったことはないか?その壁をどう打破したのか?

振り返り:結果、目標達成できたかどうか。この経験で培った力・学んだこと・感じたことなどのまとめ。

 

以上のようなポイントで、具体的に表現してみましょう。

 

数字を用いるのもポイントです。(小さい頃から○年経験を積んでいる、1日に○時間こんなことをした、〇〇検定○級取得できた、何百点スコアが上がったなどなど)

 

忘れてはいけないのが、あなたらしい魅力が伝わるように、行動も成果も思いも具体的に!!です。

 

 

就活本番!!まだまだ頑張りましょう^^

空を見上げてみてください。きっと憧れの飛行機が今日も飛んでいるはずです✈

 

 

 

 

この記事を書いた人

鵜飼千登静
鵜飼千登静
キャリアパスデザイン主宰。元大手航空会社の客室乗務員、現在は一児の小学生を育てながら、フリーランスの講師をしています。
高校生・専門学校生・大学生・就職希望のママが内定に直結する就職支援講座を受け持ち、特にエアライン業界・ホテル業界への就職アドバイスならお任せください!!

関連記事

プロフィール

鵜飼千登静

元大手航空会社の客室乗務員、現在は、フリーランスの講師として内定に直結する就職支援、ビジネスマナー・接遇、企業の入社時研修を務める。

また、大阪市女性活躍促進 キャリア形成支援事業に携わるとともに、大阪市主催「女性向けキャリアサポート事業」の面接対策講師の実績あり。

やりがいを持って仕事ができるように、そして、より良い人生にするために、あなたの夢・キャリア形成を応援します!!

キャリアパスについて

  1. 春先から結婚式も多く、今はジューンブライドの季節ですね。
  2. さあ、6月・水無月が始まりました!「水無月」は水の無い月と書きますが、「無」は「の」に当たる連体...
  3. 先日投稿しました、グランピングキャンプ場での結婚式への装いはどうする?というおすすめ記事はご覧いただ...
  4. 同級生の結婚式、ここ最近少なくなってしまいましたが、この2ヶ月続けて久々に結婚式にご招待を受けました...
  5. この春新しい環境に変わられる方、新社会人のみなさん、そして、今の現状に悩んでいらっしゃる方、そん...

Facebook