実践!グループディスカッションを体験する

前回のブログでもお話ししたグループディスカッション対策授業。
→就活・グループディスカッション指導で気になったこと http://cpd-jp.com/blog/1170

翌週は教員の皆さまに面接官役としてお越しいただき、授業を展開。総勢15名ほどの教員メンバーで学生のみんなを評価し、アドバイスをしました。

学生も打って変わって真剣な表情でグループディスカッションを体験することができ、教員の皆さまからの的確なアドバイスで今まで以上に学びの多い授業になったようです。

 

評価のポイントは

  • 積極的にディスカッションに参加しているか
  • 言葉遣いや姿勢は美しいか
  • 他の学生を否定していないか
  • 自分の意見を周囲の人にわかりやすく伝えることができているか
  • 与えられた役割を十分に発揮しているか
  • 制限時間を意識し、ディスカッションを進めているか
  • などなど。。。

    学生は2チームに分け、まずはグループディスカッションをやってみるチーム。
    そして、もう一方は、まずは面接官の脇で客観的に見学してもらうチームに分かれました。

    面接官役の教員の皆様から厳しいコメントもいただきましたが、どれも的確で就活準備真っ只中の学生たちにはずっしりと心に響いたようです。

    そして、最後に嬉しいコメントが!
    「普段から先生方には身だしなみを整えなさいと何度も厳しく注意されてきました。客観的に他の学生を観察していると、身だしなみを整える意味がやっと理解できました。これからは、議論内容を充実させることはもちろん、服装の乱れにも気を配りたいです。」という感想が聞かれました。

    面接官の脇で見学していて、同級生のYシャツの乱れやネクタイの歪みが気になったそうです。

    ここ2回の授業をスーツ姿で出席した学生たち。
    初回はスーツ姿も乱れ放題!
    足元はスニーカーだったり、スニーカーソックスに革靴、パンストを履かずにパンプス、 髪の毛は茶髪のまま、スーツのポケットはパンパン。。。といったようにツッコミどころ満載でした。

    今回の授業では身だしなみを整えて出席するように厳しく伝えた甲斐があって、ずいぶん良い印象に改善されていましたが、まだまだ改善の余地あり。

    客観視することでの気づきはあったようで、このような機会を設けることができてよかったな〜と思いました。

    グループディスカッション対策に、次次回はは面接対策。
    いよいよ冬休み前の授業もクライマックスです。
    就活まであっという間でしょうね。ちょっと実感わいてきたかな?!

    学生一人ひとり、さらに自信を高められるよう、私も責務を全うしたいと思います。

    この記事を書いた人

    鵜飼千登静
    鵜飼千登静
    キャリアパスデザイン主宰。元大手航空会社の客室乗務員、現在は一児の小学生を育てながら、フリーランスの講師をしています。
    高校生・専門学校生・大学生・就職希望のママが内定に直結する就職支援講座を受け持ち、特にエアライン業界・ホテル業界への就職アドバイスならお任せください!!

    関連記事

    プロフィール

    鵜飼千登静

    元大手航空会社の客室乗務員、現在は、フリーランスの講師として内定に直結する就職支援、ビジネスマナー・接遇、企業の入社時研修を務める。

    また、大阪市女性活躍促進 キャリア形成支援事業に携わるとともに、大阪市主催「女性向けキャリアサポート事業」の面接対策講師の実績あり。

    やりがいを持って仕事ができるように、そして、より良い人生にするために、あなたの夢・キャリア形成を応援します!!

    キャリアパスについて

    1. 春先から結婚式も多く、今はジューンブライドの季節ですね。
    2. さあ、6月・水無月が始まりました!「水無月」は水の無い月と書きますが、「無」は「の」に当たる連体...
    3. 先日投稿しました、グランピングキャンプ場での結婚式への装いはどうする?というおすすめ記事はご覧いただ...
    4. 同級生の結婚式、ここ最近少なくなってしまいましたが、この2ヶ月続けて久々に結婚式にご招待を受けました...
    5. この春新しい環境に変わられる方、新社会人のみなさん、そして、今の現状に悩んでいらっしゃる方、そん...

    Facebook