「キャリアのファシリテーター直伝!初めの一歩の見つけ方」登壇を振り返って

【ライブ配信】わたしと向き合う90分 「キャリアのファシリテーター直伝!初めの一歩の見つけ方」
2月4日金曜日 OSAKAしごとフィールドにて無事終了しました。

数年前から継続的に登壇させていただいているセミナーです。
本日はYouTubeライブ配信ということで、こちらが一方的に喋るスタイル。
受講されている方のお顔も拝見できないので、反応も見えず始まる前は少し緊張しておりましたが、
slidoを使って参加者の皆さんからたくさん質問をいただき、スムーズにアドバイスもできセミナーを終えることができました。

ありがとうございました!

このセミナーはマンダラチャートを使って自分の行動目標を可視化し、心の中を整理していくセミナーです。
セミナー後半は『第一歩となる行動の宣言タイム』を設けています。
みなさん、それぞれの目標に向かう第一歩をシェアくださいました。

Aさん
決まった時間に起きる・寝る・生活のリズムを整えます
Bさん
美容院に行き髪を整え、服も買って、履歴書用の新しい写真を撮ります
Cさん
整理整頓!一部屋ずつ順番に断捨離をします!
Dさん
オンライン英会話に申し込みをします
Eさん
本当に自分にあった仕事を見つけるために、新たな気持ちで自己分析をします

などなど、みなさんがまず行動に移そうとされる宣言が出揃いました。

そして、セミナー終了後すぐにアンケートにお答えくださった方からは嬉しい感想も届きました。

みなさんの一歩踏み出そう!という一助になっていたら、私も嬉しい限りです。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

今回のセミナーでお伝えしたポイント

目標に近づくためのポイントは

  • 夢や目標に至る具体的な行動を設定する【マンダラチャート作成】
  • 夢や目標を恥ずかしがらずに声に出す・まわりに宣言する
  • その行動を継続する
  • 行動を進める中で、失敗を活かしたり、内省する時間をとる
  • 「行動を継続する」ということが本当に難しいですよね。私もよく感じています。
    強い意思がないと行動も続きませんし、日常になんとなく流され、目標に向かう時間を取らないようになってしまいませんか?
    まっいいか〜で行動をやめちゃう、先延ばしにするということが発生しがちです。

    作成したマンダラチャートを定期的に見直し、できているかなチェックをしたり、
    自分を監視してくれる人に喝を入れてもらう、
    誰かを一緒に巻き込んで行動していく・・・
    なんていうのも策かもしれません。

    まわりに宣言することにより、有言実行!宣言したからにはやるっきゃない精神で目標に向かっていただけたらと思います。

    私もみなさんからの宣言を追い風に、プライベートでの今年の目標、「愛犬のトリミングにチャレンジする」ためにまずは「トリミングセット(犬用のハサミ)」を吟味中なので数日以内にまずは購入から一歩踏み出したいと思います^^

    この記事を書いた人

    鵜飼千登静
    鵜飼千登静
    夢叶いJALの客室乗務員として国内線・国際線に乗務、結婚、妊娠。しかし、育児休職中にまさかのJAL破綻。思いもよらぬ形で早期退職というつらい選択を余儀なくされる。キャリアが途切れる不安から、娘1歳半より講師としてセカンドキャリアを築くが、小さい我が子を抱えての社会復帰に心身ともに限界に近づき、ひとり働き方改革!
    現在はフリーランスの講師×キャリアコンサルタントとして、行政セミナー、企業研修、教育機関(高校・専門学校・大学)講義、就職・キャリアアップ支援など人材育成をメインとする。一人ひとりの個性や現在の状況と課題に着眼し、その方が描く未来に近づけるようファシリテーターとしての役割で人を導く。

    関連記事

    プロフィール

    元大手航空会社の客室乗務員、現在はフリーランス講師。国家資格キャリアコンサルタント。

    高等教育機関では主にキャリアデザイン・就職対策・エアラインビジネス・ホスピタリティ/ビジネスマナーに関する授業を担当。
    企業・医療機関では新入社員研修・人材育成研修・マナー接遇研修に登壇中。

    最近の記事

    1. 株式会社ママそらの関西支部のメンバーの一人として、鵜飼も以下のセミナーに関わっているのでご紹介します...
    2. 【ライブ配信】わたしと向き合う90分 「キャリアのファシリテーター直伝!初めの一歩の見つけ方」2...
    3. 謹んで新年のお慶びを申し上げます。
    4. この度お声がけいただき、『Mama Yell(ママエール)』HPにて鵜飼のコラム3本を掲載してくださ...
    5. この度お声がけいただき、『Mama Yell(ママエール)』HPにて鵜飼のコラム3本を掲載してくださ...

    Facebook