《オリンピックを終えて、日本人選手に思うこと》

キャリアパスデザイン・大阪エアラインスクール 講師の岡崎衣美です。

 

平昌オリンピックで世界中盛り上がりを見せましたね。就活生の皆さんの中でも、忙しい合間を縫ってテレビ等で観戦していた人もいると思います^ ^

 

ご存知の通り、オリンピックは4年に一度の開催ですが、選手個人にしてみれば、人生に一度のチャンスでもあることも多いでしょう。

 

緊張や不安、大きなプレッシャーなどを乗り越えて、結果を出すには、やはり日々の鍛錬なくしては成し遂げられないのだと思います。

 

実力があっても、それを大きな舞台で発揮することは並大抵のことでなないでしょう。本番でも落ち着いて、自分の持てる力を出せるのは、自分を信じることができる人だと思います。

 

とことん自分と向き合って、たゆまぬ努力を続けてこそ、自分を信じることができます

 

就職活動においても同じです!自己分析や面接練習をしっかりやりきって、自信を持って、本番に臨んでください。

 

メダリストたちの金言は、就活生の皆さんにとってもきっと励みになることと思います。

 

また、日本選手の皆さんの立ち居振る舞いや言動が素晴らしいことでも話題となりましたね。

 

試合中でも、ライバルである他国の選手への思いやりの気持ちを示すこと、自分たちの思うようにいかなかったときでも、不満をあらわにするのではなく、いつでも笑顔を絶やさないこと。

そして勝利した時、一番に語られる、サポートしてくれた周りの人々への感謝の言葉

 

結果だけでなく、その人間性にも魅せらるように、一流のアスリートは一人の人間としても一流なのですね。

 

そんなことを思いながら17日間のオリンピックを振り返っています。

 

就活生の皆さんも是非!オリンピック選手をお手本にして就職試験に臨んでいただきたいと思います。

 

あなたの素晴らしい人間性が、面接官にも伝わりますように^ ^

この記事を書いた人

鵜飼千登静
鵜飼千登静
夢叶いJALの客室乗務員として国内線・国際線に乗務、結婚、妊娠。しかし、育児休職中にまさかのJAL破綻。思いもよらぬ形で早期退職というつらい選択を余儀なくされる。キャリアが途切れる不安から、娘1歳半より講師としてセカンドキャリアを築くが、小さい我が子を抱えての社会復帰に心身ともに限界に近づき、ひとり働き方改革!
現在はフリーランスの講師×キャリアコンサルタントとして、行政セミナー、企業研修、教育機関(高校・専門学校・大学)講義、就職・キャリアアップ支援など人材育成をメインとする。一人ひとりの個性や現在の状況と課題に着眼し、その方が描く未来に近づけるようファシリテーターとしての役割で人を導く。

関連記事

プロフィール

元大手航空会社の客室乗務員、現在はフリーランス講師。国家資格キャリアコンサルタント。

高等教育機関では主にキャリアデザイン・就職対策・エアラインビジネス・ホスピタリティ/ビジネスマナーに関する授業を担当。
企業・医療機関では新入社員研修・人材育成研修・マナー接遇研修に登壇中。

最近の記事

  1. 株式会社ママそらの関西支部のメンバーの一人として、鵜飼も以下のセミナーに関わっているのでご紹介します...
  2. 【ライブ配信】わたしと向き合う90分 「キャリアのファシリテーター直伝!初めの一歩の見つけ方」2...
  3. 謹んで新年のお慶びを申し上げます。
  4. この度お声がけいただき、『Mama Yell(ママエール)』HPにて鵜飼のコラム3本を掲載してくださ...
  5. この度お声がけいただき、『Mama Yell(ママエール)』HPにて鵜飼のコラム3本を掲載してくださ...

Facebook