《面接突破の10か条》より『4、面接は言葉のキャッチボール!』

キャリアパスデザイン・大阪エアラインスクール 講師の鵜飼千登静です。

さてさて、就活解禁とともにお伝えしています《面接突破の10か条》

1:面接は緊張しても大丈夫!
是非緊張している自分を楽しんでください。緊張するのはそれだけの想いがある証拠です。

2:面接は第一印象が決め手!
身だしなみを整え、笑顔で明るく挨拶をしましょう。はじめに好印象を与えることができると、その後もスムーズに面接は流れます。

3:面接は一つ一つの動作を丁寧に!
お辞儀ひとつにも心を込め、キビキビとした動作を心がけましょう。日常の生活習慣、気持ちの焦りなども出てしまいやすいので、日頃から落ち着いた行動を心がけましょう。

とお伝えしてきました。

 

今回は、

4:面接は言葉のキャッチボール!
面接官はあなたの魅力を会話を通して見出してくださいます。一方的なマシンガントークにならないように、是非面接官との言葉のキャッチボールを楽しんでください。一問一答形式の答えにならないように。

 

私が非常勤講師で勤務している大阪市内の専門学校は、面接対策の授業がとても厳しいと評判です。講師は学生みんなの成長を願って、敢えてある程度厳しく指導しているのです。

その授業前になると胃が痛くなる学生もいたり、自分の思うように質問の答えれずに泣いてしまう学生もいます。

決して講師が怖いから泣いているのではありません。自分に悔しくて泣いてしまうのです。しかし、そんな学生たちも精一杯面接指導の授業をクリアし、自信に繋げ就活準備を進めています。

 

実際就活が始まり面接から帰ってくると、「楽しかった〜」「思ったより、すっごく和やかな面接だったんですけど!」と笑顔なんです!!

 

授業で受けていた印象と実際の面接のギャップがあるようです。もちろん中には圧迫面接な〜んていう展開もあるかもしれませんが、面接官は学生たちの緊張をほぐしながら質問をしてくださるということです。

そうでないと学生の魅力を計り知ることはできませんもんね。

 

ですので、皆さん、安心してください。面接官との会話を楽しもうとその時間を落ち着いて^^

この記事を書いた人

鵜飼千登静
鵜飼千登静
キャリアパスデザイン主宰。元大手航空会社の客室乗務員、現在は一児の小学生を育てながら、フリーランスの講師をしています。
高校生・専門学校生・大学生・就職希望のママが内定に直結する就職支援講座を受け持ち、特にエアライン業界・ホテル業界への就職アドバイスならお任せください!!

関連記事

プロフィール

鵜飼千登静

元大手航空会社の客室乗務員、現在は、フリーランスの講師として内定に直結する就職支援、ビジネスマナー・接遇、企業の入社時研修を務める。

また、大阪市女性活躍促進 キャリア形成支援事業に携わるとともに、大阪市主催「女性向けキャリアサポート事業」の面接対策講師の実績あり。

やりがいを持って仕事ができるように、そして、より良い人生にするために、あなたの夢・キャリア形成を応援します!!

キャリアパスについて

  1. 春先から結婚式も多く、今はジューンブライドの季節ですね。
  2. さあ、6月・水無月が始まりました!「水無月」は水の無い月と書きますが、「無」は「の」に当たる連体...
  3. 先日投稿しました、グランピングキャンプ場での結婚式への装いはどうする?というおすすめ記事はご覧いただ...
  4. 同級生の結婚式、ここ最近少なくなってしまいましたが、この2ヶ月続けて久々に結婚式にご招待を受けました...
  5. この春新しい環境に変わられる方、新社会人のみなさん、そして、今の現状に悩んでいらっしゃる方、そん...

Facebook