《面接突破の10か条》より『5、面接では「伝われ」という熱意を込める!』

キャリアパスデザイン・大阪エアラインスクール 講師の鵜飼千登静です。

 

さて、引き続き《面接突破の10か条》についてお話ししていきたいと思います。

前回に引き続き、今回は5項目め。

 

5:面接では「伝われ」という熱意を込める!
暗記してきた文章を淡々と話すのではなく、感情を込めて想いを伝えましょう。自分の言葉で話そう、伝えよう!という気持ちが大切です。

 

私がCAを目指して就活をしていた当時の記憶がまだ鮮明に残っています。

その当時大阪では難波のOCATがJALの面接会場でした。到着後お手洗いに行くと、JALを志望しているであろう学生が何名かいらっしゃいました。その方達、壁や鏡に向かって呪文のごとく自己PRやら志望動機やらを唱えて確認しているのです!!正直私はちょっと引いた覚えがあります^^;  こんな間際まで、会場で練習しなくても。。。

私はさっとトイレを済まして、なんだかピリピリした空気の流れるお手洗いを去りました。。。

 

その方達が練習の成果を発揮できたかはわからないのですが、私と集団面接の場が同じだった学生の中には、面接中にもかかわらず自分の思いが口できなくてその場で泣く人はいるは、面接が終わった途端扉を出てすぐに泣く人はいるはで、またまたちょっと引きました^^;

 

もちろん質問されるであろう内容を予想し、練習することは大切です。

でも、それが丸暗記になると万が一緊張のあまり白紙になった時、後に続く文章が口にできず残念な結果になることが多いです。

 

伝えたい内容はポイント・キーワードのみ頭に入れて、全文は丸暗記はしない!

自分の言葉で当日キーワードをつなげていってくださいね。

私の言いたいこと「伝われ!」と念じながらゆっくりでもいいので言葉を発しましょう。

 

そのほうが、あなたの魅力・熱意が伝わり、聞いている方もすっと耳に入ってきます。丸暗記のあまり、棒読みになり、早口になり、結局何が言いたかったのか面接官の耳には残りません。評価としては残念ながら下がってしまいます。

 

是非、こんなにゆっくりでもいいの?と思うくらいのスピードで日頃から一言一言噛み締めながら練習してみてください。ゆっくりとは言っても、ロボット言葉にはならないでくださいね^^

 

キャリアパスデザイン・大阪エアラインスクールでは面接対策の授業も随時行っています。是非、お問い合わせお待ちしています^^

この記事を書いた人

鵜飼千登静
鵜飼千登静
キャリアパスデザイン主宰。元大手航空会社の客室乗務員、現在は一児の小学生を育てながら、フリーランスの講師をしています。
高校生・専門学校生・大学生・就職希望のママが内定に直結する就職支援講座を受け持ち、特にエアライン業界・ホテル業界への就職アドバイスならお任せください!!

関連記事

プロフィール

鵜飼千登静

元大手航空会社の客室乗務員、現在はフリーランス講師。
教育機関では主にキャリアデザイン・就職対策・エアラインビジネス・ホスピタリティ/ビジネスマナーに関する授業を担当。
企業・医療機関では新入社員研修・マナー接遇研修に登壇。

最近の記事

  1. 2020秋学期がオンライン授業でスタートしました!9月21日敬老の日の祝日、晴わたる秋空のもと、...
  2. 久しぶりのブログ更新となります。
  3. コロナ感染拡大の影響を受け対面でのセミナー開催を断念し、6月30日(火)10時より初のライブ配信でお...
  4. この度、T-KIDS シェアスクール 梅田KANDAI Me RISE校様にお声がけいただき、【こど...
  5. 4月も残りわずかとなりました。

Facebook