《エントリーシート記入の要》

キャリアパスデザイン・大阪エアラインスクール 講師の岡崎衣美です。

 

3月に入り、続々と募集要項がリリースされていますね!

現在エントリーシートを鋭意作成中の方も多いのではないでしょうか(^ ^)

 

エントリーシートで必ずと言っていいほどよく聞かれるのが、『学生時代に力を入れて頑張ったこと』です。いわゆる『学・力(がくちか)』

 

記入する際には、小学校や中学校時代のエピソードよりも、高校や大学、専門学校など、自分が今在籍している学校生活の中でのエピソードを選ぶと良いでしょう。

 

それはなぜなのか。。。

あまりにも時間が経っていると、今のご自身とのつながりを面接官はイメージしにくかったりするからです。

 

どうしても書きたい場合は、中学時代に培った〇〇が、今の学生生活で役立ったというエピソードや体験談で語るようにしましょう。

 

「そうは言っても書くことないな、、、。どうしよう!?」と思っている人いませんか?

 

そんな方は是非、今学んでいる学科や科目について書いてみることをお勧めします!

 

華々しいサークル活動やアルバイトの経験を書くことも、もちろん良いことではありますが、実はこれ、採用担当者からすると聞き飽きるほどよくあるテーマで、「またか、、、。」となってしまう可能性があるんです。

 

そうなると、折角時間をかけて一生懸命考え書いたものにも関わらず、採用担当者の印象に残らず、書類選考を突破できなかったら、それはもったいないことですよね!

 

学生の本分は勉学であることに立ち返り、自分が今学んでいることやこれまでに学んできたことについて、じっくり考えて書いてみてください。

 

きっと、あなたらしさとオリジナリティ溢れる、素敵なものに仕上がると思います。熱意を込めて、一文字一文字丁寧に。。。

 

あとは必要書類をもれなく揃えて、なるべく早めの提出を心がけること。〆切のギリギリに届くよりは、間違いなく印象が良いです!

 

オンラインエントリーシートも増えてきていますし、パソコンでの入力や写真をダウンロードなど、、、適切な処理をするのに戸惑うこともあるかもしれません。余裕を持って応募書類を作成しましょう!

 

春本番!就職活動いよいよ本番!!引き続き頑張ってまいりましょうね(^ ^)

 

キャリアパスデザイン・大阪エアラインスクールでは応募書類の添削・アドバイスも可能です。

お問い合わせお待ちしています^^

この記事を書いた人

鵜飼千登静
鵜飼千登静
キャリアパスデザイン主宰。元大手航空会社の客室乗務員、現在は一児の小学生を育てながら、フリーランスの講師をしています。
高校生・専門学校生・大学生・就職希望のママが内定に直結する就職支援講座を受け持ち、特にエアライン業界・ホテル業界への就職アドバイスならお任せください!!

関連記事

プロフィール

鵜飼千登静

元大手航空会社の客室乗務員、現在はフリーランス講師。
教育機関では主にキャリアデザイン・就職対策・エアラインビジネス・ホスピタリティ/ビジネスマナーに関する授業を担当。
企業・医療機関では新入社員研修・マナー接遇研修に登壇。

最近の記事

  1. 2020秋学期がオンライン授業でスタートしました!9月21日敬老の日の祝日、晴わたる秋空のもと、...
  2. 久しぶりのブログ更新となります。
  3. コロナ感染拡大の影響を受け対面でのセミナー開催を断念し、6月30日(火)10時より初のライブ配信でお...
  4. この度、T-KIDS シェアスクール 梅田KANDAI Me RISE校様にお声がけいただき、【こど...
  5. 4月も残りわずかとなりました。

Facebook