特別授業『一人の学生がエアライン業界で活躍できる人財になるまで』

2017年7月14日金曜日、ご縁をただきまして、大阪府内のとある大学のキャリア英語学科1回生20名の学生さん向けに
『一人の学生がエアライン業界で活躍できる人財になるまで』という内容で特別授業を担当させていただきました。

 

 

「人財」

 

あえてこの字を使いました。

自らの実績もあり、これからの益々の成長が期待できる人。

企業に欲しがられる存在。

企業に利益をもたらし貢献し、自らが稼げる人。

 

このような社会人となって欲しい、
内定だけがゴールではないという思いも込めて「人財」と表記しました。

今回、特別授業のお話をいただき、改めて私がなぜエアライン業界を目指したのか、私がどのような大学時代を送り、夢を実現することができたのか、JALの客室乗務員として得たものを考えました。

引っ張り出してきた入社当時の写真数枚とともに、授業で使用するパワーポイントを作成。
写真に懐かしみ、その当時の思い、一つ一つの場面がフラッシュバック。
私の原点を築いてくれたJALに感謝の思いでいっぱいになりました。
そして、学生たちに負けてられない!これからも目標を掲げ、夢を実現させていこうと改めて思える良い機会をいただきました。
ありがとうございました。

レポート課題もあったため、学生のみなさんは熱心に授業を聞いてくださり、
その中には実際に「パイロットになりたい!」「CAになりたい!」と夢を話してくれた学生さんがいらっしゃいました。

 

私の授業、参考になったかな〜〜〜
後日レポートも見せてくださるということなので、楽しみです。

 

今回の特別授業でお話ししました
・CAに内定すると実際にどのような生活になるのか
・エアライン業界で身につく力
・エアライン業界を目指す学生たちは今からどのようなことを準備しておいたら良いのか

 

こちらはまた改めてブログに書いていきたいと思っています。
お楽しみに。。。

 

今日も最後までありがとうございました!!
良い休日をお過ごし下さい。

この記事を書いた人

鵜飼千登静
鵜飼千登静
夢叶いJALの客室乗務員として国内線・国際線に乗務、結婚、妊娠。しかし、育児休職中にまさかのJAL破綻。思いもよらぬ形で早期退職というつらい選択を余儀なくされる。キャリアが途切れる不安から、娘1歳半より講師としてセカンドキャリアを築くが、小さい我が子を抱えての社会復帰に心身ともに限界に近づき、ひとり働き方改革!
現在はフリーランスの講師×キャリアコンサルタントとして、行政セミナー、企業研修、教育機関(高校・専門学校・大学)講義、就職・キャリアアップ支援など人材育成をメインとする。一人ひとりの個性や現在の状況と課題に着眼し、その方が描く未来に近づけるようファシリテーターとしての役割で人を導く。

関連記事

プロフィール

元大手航空会社の客室乗務員、現在はフリーランス講師。国家資格キャリアコンサルタント。

高等教育機関では主にキャリアデザイン・就職対策・エアラインビジネス・ホスピタリティ/ビジネスマナーに関する授業を担当。
企業・医療機関では新入社員研修・人材育成研修・マナー接遇研修に登壇中。

最近の記事

  1. 株式会社ママそらの関西支部のメンバーの一人として、鵜飼も以下のセミナーに関わっているのでご紹介します...
  2. 【ライブ配信】わたしと向き合う90分 「キャリアのファシリテーター直伝!初めの一歩の見つけ方」2...
  3. 謹んで新年のお慶びを申し上げます。
  4. この度お声がけいただき、『Mama Yell(ママエール)』HPにて鵜飼のコラム3本を掲載してくださ...
  5. この度お声がけいただき、『Mama Yell(ママエール)』HPにて鵜飼のコラム3本を掲載してくださ...

Facebook