《機内での英語力》

キャリアパスデザイン・大阪エアラインスクール 講師の岡崎衣美です。

先月関空発・ホノルル行きのJAL便に搭乗しました。
今回はその往路便の機内で感じたことを書いてみたいと思います。

JALの国際線では、外国のお客様へのより快適なサポートが行えるよう、日本人CAだけでなく、外国人CAも乗務しています。

ヨーロッパ発着の便ではロンドン基地に所属している、イギリスやその他ヨーロッパの国々出身のCA、
シンガポール発着の便ではシンガポール基地に所属するCAなど、
JALの国際線の機内はとても国際色豊かです。

そんな海外基地所属のCAの皆さんも、しっかりとした日本語の訓練を受け、日本人のお客様に対して接客をする際には日本語でお話しします

ですが、乗務員同士の会話となると、日本語だけでは相互理解ができにくい場面も多々あります。
そんなときは私たち日本人CAも、英語で積極的に話す必要があります

今回、関空からホノルルへ向かう飛行機に搭乗してすぐ、私はゲートに携帯電話を置き忘れたかと思い、(実際は座席の毛布の下にちゃんとあったのですが笑)
近くにいたCAの方に必死で訴えましたら、その方はタイ人のまだ新人のCAさんだったようで、乗客の想定外の慌てっぷりに、すぐ日本人CAを呼びに行ってくれました^_^

その後すぐ携帯電話は見つかり、事なきを得て、ほっとすると同時に、現役時代に外国人クルーの皆さんとのやりとりを懐かしく思い出しました。

外国人CAの皆さんとご一緒するときは、ショウアップ(同乗のクルーが集合すること)したときに、
お互いに日本語と英語を交えて挨拶や自己紹介をします。
その後ブリーフィング(フライト前の事前の打ち合わせ)の際にも、チーフやキャプテンがお話しされる内容を隣で通訳したりする必要があります。

また、フライト中も私のようにイレギュラーな状況にある乗客の方へ対応するときは、日本語だけでなく英語を駆使して、時にはお互いに引き継ぎしながら対応していきます。

エアライン業界への就職試験において、もちろんTOEICは必須ですが、CA・GSになった後も、英語力はとても大切です!

逆に言うと、お客様はもちろん、海外基地CAとも、会話をするチャンスがたくさんありますから、ご自身の英語を活かしたい、スキルアップを目指したい皆さんは、是非現場で働けることを楽しみにしていてください。

英語が少し苦手だな、と思っている皆さんもエアライン業界では就職試験のためだけでなく、仕事上でも英語は役立ちますから、是非前向きに習得に励んでくださいね!

もちろん、キャリアパスデザイン・大阪エアラインスクールでは、英語の勉強法についてもアドバイスさせていただきます^_^

お問い合わせをお待ちしております。

この記事を書いた人

鵜飼千登静
鵜飼千登静
キャリアパスデザイン主宰。元大手航空会社の客室乗務員、現在は一児の小学生を育てながら、フリーランスの講師をしています。
高校生・専門学校生・大学生・就職希望のママが内定に直結する就職支援講座を受け持ち、特にエアライン業界・ホテル業界への就職アドバイスならお任せください!!

関連記事

プロフィール

鵜飼千登静

元大手航空会社の客室乗務員、現在は、フリーランスの講師として内定に直結する就職支援、ビジネスマナー・接遇、企業の入社時研修を務める。

また、大阪市女性活躍促進 キャリア形成支援事業に携わるとともに、大阪市主催「女性向けキャリアサポート事業」の面接対策講師の実績あり。

やりがいを持って仕事ができるように、そして、より良い人生にするために、あなたの夢・キャリア形成を応援します!!

キャリアパスについて

  1. 春先から結婚式も多く、今はジューンブライドの季節ですね。
  2. さあ、6月・水無月が始まりました!「水無月」は水の無い月と書きますが、「無」は「の」に当たる連体...
  3. 先日投稿しました、グランピングキャンプ場での結婚式への装いはどうする?というおすすめ記事はご覧いただ...
  4. 同級生の結婚式、ここ最近少なくなってしまいましたが、この2ヶ月続けて久々に結婚式にご招待を受けました...
  5. この春新しい環境に変わられる方、新社会人のみなさん、そして、今の現状に悩んでいらっしゃる方、そん...

Facebook